日本医療用縫合糸協会

2017年1月1日 年頭のご挨拶

日本医療用縫合糸協会 会長
阿部 謙哉

新年明けましておめでとうございます。
本年は1987年当協会発足以来30周年を迎える記念すべき年でございます。協会としての活動をより充実させ、会員企業様へのサービス向上に努めてまいる所存でございますので、皆様方のご指導、ご協力を賜りたく何卒よろしくお願い申し上げます。

さて、昨年は医療用縫合糸業界企業において医薬品医療機器等法「医薬品医療機器の品質、有効性及び安全性の確保に関する法律」の施行により、医薬品医療機器総合機構により製造販売業者に対して実施されるようになりましたQMS適合性調査において、不備が散見されたとのご指摘をいただく、という出来事がありました。
これを受け当協会といたしまして会員企業のレベルアップを図るべく、医薬品医療機器総合機構とご相談の上QMS勉強会を企画し、6月の医薬品医療機器総合機構品質管理部による講習会を皮切りに、合計5回の勉強会を実施致しました。
これまでの取り組みに対しましては、行政からも一定の評価を頂戴したところでございます。

冒頭申し上げましたとおり、この一年も引き続きましてコンプライアンスの向上を図るべく、会員企業のレベルアップと会員サービスの向上を目指し理事会一同努力してまいりますので、ご支援、ご指導をたまわりたく、よろしくお願い申し上げます。

新着情報・更新情報

新規

会員の方はこちらから
ログインしてください

会員専用ページ

↑ PAGE TOP